愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

1分1秒

朝夢から覚めると同時に

AIの

Storyの詩がぐるぐると

リピートしてた。



AI - Story



これはメッセージかな。。。


朝から号泣。。。


どーんと落ち込むと

とことん落ちてしまいます。


でもやっぱり励ましてくれる人

励まされる本、言葉、

そして相談できる師に

よって救われまた

心がすこし軽くなって

一歩また前に行ける勇気を

持つことができる。。。



主人の友人たちが

誘ってくださった

食事のときに、

『俺は嫁さんに週末は

ご飯作ってあげんねん。

今日は出掛けるけど

後悔したくないから

ご飯作って置いてきてん。

明日はないと思うから。

そうやっていきていかないと!』



って。。。


いつお別れがきても自分が

後悔しないように

奥様を大切にしたい。。。

という。。。


素敵です。。。


私自身も父の死、姪っ子の死を

経験し、アメリカのテロのときに

書かれていた詩をみて一日、一日を

大切にしようとしてきましした

『あなたが眠りにつくのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは もっとちゃんとカバーをかけて

神様にその魂を守ってくださるように

祈っただろう


あなたがドアを出て行くのを見るのが

最後だとわかっていたら

わたしは あなたを抱きしめて キスをして

そしてまたもう一度呼び寄せて

抱きしめただろう


あなたが喜びに満ちた声をあげるのを

聞くのが最後だとわかっていたら

わたしは その一部始終をビデオにとって

毎日繰り返し見ただろう


あなたは言わなくても

分かってくれていたかもしれないけれど

最後だとわかっていたら


一言だけでもいい・・・

「あなたを愛してる」と

わたしは 伝えただろう


たしかにいつも明日はやってくる

でももしそれがわたしの勘違いで

今日で全てが終わるのだとしたら、

わたしは今日

どんなにあなたを愛しているか伝えたい


そしてわたしたちは忘れないようにしたい


若い人にも 年老いた人にも

明日は誰にも約束されていないのだということを


愛する人を抱きしめられるのは

今日が最後になるかもしれないことを


明日が来るのを待っているなら

今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら

あなたは今日を後悔するだろうから


微笑みや 抱擁や キスをするための

ほんのちょっとの時間を

どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に

その人の最後の願いとなってしまったことを

どうして してあげられなかったのかと


だから 今日

あなたの大切な人たちを

しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること

いつでも

いつまでも 大切な存在だということを

そっと伝えよう


「ごめんね」や「許してね」や

「ありがとう」や「気にしないで」を

伝える時を持とう そうすれば

もし明日が来ないとしても

あなたは今日を後悔しないだろうから』



だからこそ大好きな人と

一緒になれたから

この詩を胸に刻みながら

日々自分なりに精一杯

尽くしてきたつもり。



でもそれでもやっぱり

Jを亡くした今、

後悔はたくさん。


たくさんある。。


自分を責めて責めて

責めてしまうときが今も

もちろんある。




だからこそ一日、1分、1秒を

大切にしたい。。。


だからこそ1分1秒を

大切にしてほしいと

伝えていきたい。。。

残りの人生は。。。

死別は同じ状況になった人しか

理解できないものが

あります。


死別といっても

様々です。


親を亡くした人。

お子さんを亡くした人。

愛するパートナーを亡くした人。

ペットを亡くした人。



同じではないし

関係性によっても違います。



ボロボロになった傷は

まだまだ。たぶん一生大丈夫とは

言えないけど、

失った悲しみはだれも同じ。



同じ痛みを持ってる仲間たちから

お誘いを受け、おあいしてきました。



たくさん泣いてくれ

たくさん励ましていただきました。。。


食事に行ったお店の

オーナーも同じ状況で

亡くされたということで。。



夫婦で経営していたのに

いきなり仕入れ、仕込み、経理から

申告まで全て自分におしかかり

たまらなかったそう。

それから20年がんばり

あと2年で店をたたみ、

自分の残りの人生好きなことする!

と夢を語ってくれました。



イキイキしてたオーナー。


その明るさと笑顔に

励まされるお客さまがたくさん。


癒されました。。。

ありがたかったです。。。



その夜

『なんでこんな事がおこるのか、、。


本当は何が幸せか、、、、

一緒にいたかっただろうと思うと

泣けて泣けて泣けてでした

何もできません


ですが

悲しみをそれぞれ過ごした人たち。


寄り添う先に進むでも、

また立ち止まる

そこにみんなが居て

あたたかくなれたら、、、。。。』





『まだまだふと思い出しては、

涙があふれる時が度々あります。


でも自然にまかせようと思います。

抑えず無理せずです。


生きていく中で、

全ては愛に始まり愛で終わる

ということを改めて感じました。


また、次のステップの

使命感に向けて階段を

登っていこうと思います✨』



そんなメッセージを

おくってくださいました。。。



こんなふうに寄り添って

おもってくれる人達が

いること。。。。





感謝でいっぱい。


翌朝パソコンをたちあげると

画面いっぱいに

ひまわりの花の画像!


アホかもしれないけど

全開でがんばれ!!って

言ってくれてるとおもった。。。



娘が描いてくれた。

またあえる。。。

主人はとにかくウルフルズが

大好きだった。


生前

トータス松本の学生の時バンド

一緒に組んでた

メンバーが経営しているお店があんねん!

と言ってたけど、

結局行けなかったと、いう話を

Jの幼馴染の人に言ったら

みんなでいこう!

といってくださり

実現!!!


トータス松本のセンスや

詩が大好きで、男気あるJそのもの。

コンサートもたくさんいったなぁ。。。



たくさん昔の話を

語ってくれた。

本当にみなさん優しくて。。。



別れた後に、


  『今日はありがとうな😊

今日みたいな時間があったらアイツと

飲んでるような気分になって楽しい!


アイツとは30年以上付き合ってきたし

楽しい事もあったけどMちゃんと

出会ってからはホンマに幸せそうやった!


いつかまた会えるんやろか?

いつかホンマに会えるんやったら

アイツに会えるのを楽しみに

生きていこうと思う!』


 

私と一緒になって

幸せだったのかな。

まだまだ幸せな時間すごしたかった。

もっと、たくさんたくさん

お世話したかった。



こんなにみんなに愛された人。


また集まろう!と言ってくれて

本当に嬉しい!!!


こうやって繋いでくれた。



また会えますように。。。