愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

また逢えるから。

福岡から共通の友人が

わざわざ私たちに会いに来てくれた。


私の繋がりの人達を

Jに紹介すると皆Jのことが大好きになり

結局二人で飲みにいったりでかけたりとなる。


それだけJは初対面の人にも

すっと懐に入り鮮明に記憶に残る人。


その方は34歳の時に親友をなくしている。

大晦日も可愛がってくれてた叔父様を

亡くしたばかり。


伴侶を亡くした訳ではないけど、

死を通して世の中に貢献されている人。


だからかな。

私の自責の念やネガティブな感情を

すこしずつクリアにしてくれた。



必ずまた逢えると思ってるからと。。。



私は見守ってくれ、

そばにいてくれると信じたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。