愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

ケチと無駄はちがう。

また夢にでてきてくれた。



いつもJの友人たちが

Jの使っていたものを、

思い出のものを持ってきてくれる夢。



今回はキャップのついた鉛筆。


どちらかといえば

シャープペンシルとか

ボールペン派ではなく

鉛筆派だった。


しかも小さくなるまで

キャップを使って最後まで

使っていた。


かと思えば

すごくいい万年筆や

ブランドのボールペンを

きちんと丁寧に使う人だった。



「ケチと節約はちがうんや」


人にはどかーん!とご馳走する人。


でもものを扱うときは

最後まで無駄なく使う人。



そういうところ尊敬していた。



靴や鞄も財布もきれいに長く使う。


いいものを丁寧に磨いて

長く使う人だった。。



靴箱にはきちんとまだ並んでます。


捨てられるわけないよ。。。


どれも大切にしてたものだから。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。