愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

突然

とにかく

1人でいるのが嫌で

寝るとき以外は

仕事に没頭し、

誰かと会う時間をとにかく作って

考える時間をなくす日々。。。


とにかく仕事仕事!



そしてJと行ってたお店、

Jと行った場所を巡ろうと

動いてます。



でもふと自分に戻った時

悲しみが襲う。。。



人と会うと笑わなきゃって思う分

とにかくその反動がひどい。



そんなときは

同じ悲しみを背負った人の

本や動画をみる。。



明け方みた動画。


その方は福知山線の事故で

愛する人を突然なくした女性の

おはなしでした。



アンビリーバボー 【感動】突然最愛の人の死に直面した女性 しかし感動する展開が②




泣いて泣いて。



その人の大切な一曲が

さだまさしさんの「奇跡」


さだまさし 奇跡 〜大きな愛のように〜


ミディアムさんからも

言われていた

生前あなたといつも手を繋いでいたように

今も隣で手を繋いでいますよって。。。


目に見えないだけですと

言われていてもやっぱり

仲良し夫婦みてると辛いときはある。



でもむこうから寂しくないようにと

いろんな人とのご縁を

繋げてくれてる気がする。



何年も音信不通だった人から

連絡があったり、


仲良し夫妻からご飯食べきてと言われ

行くとJの席をちゃんと用意してくれて

お箸とお皿もセッティングしてくれてたり。



Jの可愛がってた淡路島の後輩君が

作った玉ねぎや新米を毎年頼んで

いたのですが、亡くなったあとも

玉ねぎとお米送ってもいいですかと

覚えてくれて実家の母とうちに届けてくれたり、



阪神大好きなJと一緒に

試合を見に行った後輩夫妻から

一緒にいきましょ!って

チケットとって誘ってくださったり



死別した同じ立場の素敵な女性と

引き合わせてくれたり。。。




家でふさぎこまないで

たのしめよ!っていつも言ってくれてたように

とにかく外に連れ出してくれてる気がします。



突然亡くなってしまったJ。


当たり前にくる

明日はないんだ。



と教えてくれた人。



それは私にだけではなく

Jが関わってくれた多くの人の心に

刻み込まれた。



いつも

「何を食べるかどこにいくかやない。

誰と食べるかや。

誰といくかや。」



と常に笑って人を楽しませてくれました。



でも人一倍寂しがりやで

繊細で。。。


なのにわたしにも優しく

励ましてくれ応援してくれてたJ。



なくしてしまった喪失感は消えることはない。




泣きたいときは泣いていいよね。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。