愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

どう生きるのか?

Jの生きてきた証を残したくて

Jが悲しむだろうと明るく笑顔に

ならなきゃと、楽しまないと。。。


と軸があの人のためにとなってる私。。。


その気持ちで生きていることができています。



あるネットの記事にありました。



「生まれて死ぬ一度の人生を

どう生きるか。

長生きすることが幸せでしょうか

そうでもありません

短命で死ぬのが不幸でしょうか

そうでもありません

問題はどう生きるかなのです

ご主人はしっかりと生きてこられた方です。

無念なんかではありません。

ですからあなたは、しばらくの間、

ご主人のいない分『ちょっとだけ』

頑張って下さい…。



と。。。



自分の寿命は決めて

生まれてくる。。。


いつかはわからない。



そのラストを迎えるゴールを

どうおわるのか。



遺された身をどう使うのか。



こんな張り裂けそうな

悲しいことなんてもうないわけで。



だったら無我夢中でいきるしかない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。