愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

あの世の先輩が教えてくれたこと

Jが亡くなってから

とにかく死についての本を

たくさん読みまくった。


どんなことでも

少しでもJと近づきたい、

知りたい。

自分の心が癒せる言葉がほしくて。。。



今朝の本はこれ。




「再会するために大切なこと。

あなたが亡くなった人の課題を

成し遂げるために何かを始めた場合、

次の世ではどう行った関係で

会いたいのかふたたび夫婦としてなのか、

親子なのかも決めて伝えることを忘れずに。。。


悲しい思いを伝えるのではなく、

愛してる思い、この世での楽しかった

思い出が、代わりに取り掛かってる

姿勢や報告などが救いとなります。


やがてあの世に帰った時再会でき

次なる道へ進める。


ただ、あなたがあの世へ生き急がないこと。

この世での課題を残したまま

あの世へ帰ってしまったら互いが

再会しづらくなる可能性があるからです。」


遺されたものにできるのは

自分自身の課題に取り組み

労を惜しまず残された人生を

精一杯生きること。。。



この世に対する執着がなくなってしまい

早く迎えにきてほしいと日々

泣いていた時もありました。



でもまだまだやりたいことを

なくなる前日まで私に伝えてくれてたJ。


その志を私は叶えてあげたい。

ただその一心で

ここまできてます。


ひとつずつひとつずつ。


必ずあなたがこの世に生きた証を

私は作って死にたい。



その想いが今は大きくて

いきていけてる気がします。



こんな辛い思いをしている

人たちがどれだけいるだろう。



それなら今ある肉体でたくさん学んで

同じおもいで苦しんでいる方々の

心が少しでも楽になれることをしたい。。。




今日もグリーフケアを学んできます。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。