愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

台風の一年

Jがなくなった去年の10月は特に雨が多く、

台風も二回大きいのがきて

夜中ほんとに怖くてベランダのものは飛んでしまい

ガラスは割れてひどかった。



それからも関西に地震はくるし、

台風も何回きただろう。。。



こんなときこそいてくれよーーーって

ほんとにさみしくなる。。。



セッションでも、


「もっとしあわせにしたかった 。

わたしを一人で暮らさせることがすごく辛い。

一人で頑張らせることが辛い。」と。。



でもスタッフが泊まってくれたり、

夜中にみんなが「大丈夫かぁ!」と

電話やラインしてくれたり、

同志さんたちもみんな大丈夫?!と

声かけあったり。。。



私がさみしくないように

がんばってくれてるんだろーなと。。。



そうおもうようにした。


っていうか

「そばにいてくれてるからね」って

同志さんたちが言ってくれると

そーなんだって思える。。。



夜中あれだけうねっていた大きな風も

朝はやっと晴れた。



大難を中難に、中難を小難に、

小難を無難にしてくれてるとおもうようにする!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。