愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

ずっといてほしい

10月20日

朝すこしJの夢をみた。

サーフィンしてる夢。

青春だっただろーな。


亡くなった日からずっと

ネットでたくさんの死別の記事を読んでいる。



私の人生前半はひどいものだった。

つらくてきつくて悲しくて。


でもそんなことなんて比べ物に

ならないくらいこんなに生きてて

涙が枯れない日はないくらい。


ネット記事の中で

『これ以上もう辛いことはないから』

という言葉。


こんな辛いこと悲しいことは

あとあるとするな娘がさきに逝くこと。


ある記事をみた。


『善い人ほど、早くこの世を

卒業してしまうようです。


一生懸命に、不器用なほど

まっすぐに努力する人。お人よしで、

損ばかりしている人。


背負わなくてもよい、

人の苦労ばかり我が身に

背負ってしまう人。


自分のことよりも、人のことを

まず考えてしまう人。


何より、人に優しい人。


もしかしたら、彼らの不遇な人生こそ、

もうこの俗世で修行を

重ねる必要がないと判断された

証なのかも知れません。』


実際には、神様から、

もう合格点を取ったよと

温かく抱きとめられたのかも

知れません。


こうして、善い人たちばかりが、

早く神の許に召されていくのかも

知れません。』



たくさんの人に

言われました。


もうこの世の修行がおわって

楽になってるよと。。。


またJを可愛がってくださってた方から

『彼の分まで現生たのしまないと!


私が妻を置いて旅だったら願いは一つ


笑顔で俺の分まで長く楽しくだよ


本気で彼の気持ち考えた。


それだけだよっ』って。。。




どんな修行でも一緒に

乗り越えてきた。



まだまだ楽しもうという気にはなれない。


どんなときも楽しい!と思えるのは

となりにJがいたからこそ。。。



もっともっとこの世で

一緒にいたかったよ。。。



でも支えてくれる人たちがいる。


ただそれだけがありがたい。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。