愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

公開セッション

あるミディアムシップ受講生の

上級者による公開セッションがあるということで出てきてほしい!という思いで

行ってきました。


10人ほどの参加者の中で

4人の受講生がそれぞれ感じる人たちを

エビデンスしていきます。



男性がでてきてますと

言われると来てくれた???

ってドキドキしながら

聞いてましたが、

結局8回の中で

Jはでてきませんでした。。。



やはりマンツーマンでのセッションの

ほうがよかったのかな。



ミディアムの勉強は

していた時期もありましたが、

自分の旦那様が感じられたり

するだけでいいし

大切な方々のエビデンスを

とるまで皆さん何年もかけて学ばれてるわけですから役割があるんだと

私はグリーフケアを学ぶことに

決め進んでいます。。。



たくさんの方々が

いろんな大切な人たちを

亡くしそこでどうしようもない気持ちを

メッセージくださったり

悩みを打ち明けてくださるように

なりました。



そんなメッセージをいただくたびに

自分がどのように感じ

同じ境遇にあわないとわからない人たちが

少しでも心が柔らかくなれたらと

願い経験をお伝えしたり

共感してともに泣いたり。。。



この辛い気持ちは

経験したものにしかわからない。



わたし自身、3回の交通事故で

死にかけた時もありました。


子宮頸がんにもなり

親にも心配かけるから言えず、

何箇所も病院をまわり

その度に同じ見解だといわれ

死を覚悟した時もありました。



そこから命は当たり前にあるものではないと

死と向き合うことができました。



それだけでなく、

35の時父親を亡くし、

それから5年後妹の子供が

産まれて3週間でなくなり

わたしは姪っ子を抱けたとき冷たくなった

死体を抱っこしました。



その後さらに妹は末期ガンと宣告され

私は姉妹で目一杯向き合い

幸いにも再発もなく元気になりました。



もう今後は辛いことはないだろうと

四年前に再会し、

残りの半生互いに苦労してきたから

幸せに余生を笑顔で助け合って

生きようと互いに再婚して三年で

愛する主人をなくしました。



もう生きてる意味もないところまで

落ちました。


一緒にいきたい。。。



でも自殺だけはしたくなかった。


迎えにもきてもらえなければ

たとえ向こうにいっても逢えないと

聞いていたから。。。




この一年、本当につらくて

思い出すと涙が止まらないから

がむしゃらに働いて身体を疲れさせて

早くから夢に出てきてほしいから

ベッドに入る生活をおくってきました。



出張もたくさん入れました。



じっとするのが怖かったからです。



皆人それぞれの癒し方が

あるとおもいます。



どんな方法でも

自分が少しでも心休まるよう

癒していかないと生きていけませんもんね。




本を読み漁ったり、

同じ立場の死別の映画をみたり

死別ブログを夜中まで見たり、

同じ立場の人たちが集まる場所へ

行ったり。



わたしなりに喪失した方々が

すこしでも心が休まる場所を

作りたいなあとおもっています。




自分の経験から伝えるものしか響きませんもんね。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。