愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

思い出せなくなるその日まで

北海道からJに手を合わせにきてくれた

仲間。。。



ふとこの曲をわたしに聞かせたくて。。。


とかけてくれた。



Aステ♪ #7-1


「世界で1番大事な人が

いなくなっても日々は続いてく

思い出せなくなるその日まで

何をして何を見て

息をしていよう


ひらひら輝くこの雪も季節も

せめてあなたがそばにいれば

今ではただ冷たくて

邪魔くさいだけね

寒いねって言ったら

寒いねって聞こえる

あれは幸せだったのね


たとえばあなたといた日々を

記憶のすべてを消し去る事ができたとして

もうそれは私ではないと思う

幸せひとつを

分け合っていたのだから


私の半分はあなたで

そしてあなたの半分は

私でできていたのね

それならこんなに痛いのも

涙が出るのも

仕方がない事だね


あなたの好きだった冬の上で

いつかしたケンカを思い出してる

春になればまたきっと

花は咲くんだけど

もう何も何も

出来ないままで

誰も誰も

悲しいままで


たとえばあなたといた日々を

記憶のすべてを消し去る事ができたとして

もうそれは私ではないと思う

悲しみひとつも

分け合っていたのだから


私の半分はあなたで

そしてあなたの半分は

私でできていたのね

それならこんなに痛いのも

涙がでるのも

きっと私だけじゃないね」



そう。。。

私たちはいつも何をするのも

半分だった。



歩幅を合わせ

互いに手を取り合い

相手のことを思いいきていたといえる。



たとえ違う道があったとしても

こんな未来を知ってたとしても

一緒になりたかった人。。。



逢えたこと笑顔をみれたこと

ただただ幸せなときを

噛み締めることができたから。



だとしてもはやいよ。。。

逝っちゃうの。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。