愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

このブログの意味。。。

11月6日

昔の教え子からメッセージ。


『ご主人を亡くされたことを知り、

そして今日ご主人への想いを綴った

ブログを拝見しました。泣きました。

お気持ちを思うと、せつなく胸が

ぎゅっと締まります。だけど、

あふれる愛情も感じました。


さしでがましい私の気持ちかも

しれませんが…。お辛い時間を

お過ごしかもしれません。けれど、

ご夫婦の愛情がとっても素敵で、

亡くなられたご主人への愛と尊敬の

気持ちをとても感じました。


今の状況にも関わらず…先生の言葉から

私が再び勇気をいただきました。

私が先生のもとへご指導を乞うべく

通った時と同じ、暖かい力を感じました。


変な言い方かもしれませんが、

ありがとうございますと、感じています。

ご主人とお逢いしたことはありません

でしたが、先生を支えてくださっていた

ご主人へ感謝しています。


心からご冥福をお祈りします。

先生もどうか、お身体にはお気をつけて、

先生に心穏やかに暖かく過ごせる毎日が

あることを願っています。』


ありがたい。。。


ブログはJが懸命に

本気で生きた証を残したい。

どれだけ愛されてきた人か。

そして明日はないんだということを

命をもって教えてくれたから。


そのブログをみて

少しでも今を本気で生きる!と

おもってもらえたらと。。。


そして私と同じように

残された人の心の支えに、

そして共感してくださればと。。。


しかし、

日々頭痛、精神不安定に悩まされる。

死別反応?


調べてみた。


【死別反応】

涙が流れる。(故人を思い出す時。

テレビで芸能人の訃報を聞いた時。


怒りや後悔の気持ちがわく。

『どうして死んじゃったの?」                 

(「もっとこうしてあげればよかった」)

 ・何もやる気が起きない、集中力がない。

 ・自分に自信がなくなる。


(いつまでもこんな状態の自分を

受け入れられない)

 ・頭痛が続く。

 ・寝つきが悪い。


これらの症状は「死別反応」と言い、

大切な人の死に直面した時に

生じるものです。



『死別の悲しみは乗り越えなくてもいい』
 

 『喪失の悲しみと共にいること』


時間薬と言われますが

まだそんなこと考えられない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。