愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

写真と思い出と共に生きる

18日ようやく49日法要。


いきなり納骨まで。


わたしはずっとずっと持っておきたかった。


2年は。。。せめて100日は。



死人に口なし。とはこのことですね。。



大好きな方から。


『闘って勝っても、彼は喜ばない。

思い出の写真と気持ちでいい。

会社や思い出が子供だと思って守っていこう。物は朽ちるけど、思い出は朽ちないから。』


ただただわたしは自分に正直にいきたい。

誰に恥じることなく、

1番はJに恥ずかしくない生き方して

Jがしてくれてきた男気を尊重して

あとはわたしが守る!





また誰かに甘えることなく

生きるのがわたしなのか。


死ぬときは一人。孤独に慣れろと

いうことか。


1番そばにいてほしい人が

いないことがたまらなく寂しい。


でも一人じゃない。

たくさんの人という宝を残してくれた。




今日からJとずっと寝ていた寝室でねる。


あの時から初めて。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。