愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

ようやく一緒に。。。

どん底だったからこそ

底を見たからこそ、這い上がれた。


どん底を経験しなければ

私はそこまで落とされなければ

わからない人間なんだろうと振り返ればおもう。



いろんな経験をしたから

辛いこと、苦しいことも理解でき

サロンがうまくいかない人の気持ちにも寄り添うことができるんだ。。。



主人が亡くなってからも

なんで私が?


なんでこんなに

がんばってきた主人が??



今までは起きてることに意味がある

やれば不可能なことはないと

言われて頑張って乗り越えてきた。


でもこんなひどい出来事に

意味はあるの?

生き返らせることなんて

できないじゃん!



と日々おもう毎日。。。



私たちは別れたあとも

互いにいろんな経験しながら

いろんな葛藤がありながらも

10年近い日々が続いた。。。



でもようやく4年前、


タイミングがきて

出逢って19年、やっとやっと

一緒になれた。。。



そこからはその時間を埋めるかのように

濃い濃い時間すごすことになるのです。。



やっとやっと巡り合えてようやく

これからの半生を一緒に

手を取り合って生きていけると

おもっていたのに。。。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。