愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

大切な友人達。

Jとの出逢いをくれた

友人が年内にJにあいにいきたいから

と忙しい中わざわざきてくれた。



Jの遺影をみて

この顔好きやわぁと

泣いて共に時間を過ごしてくれた。



励ましてほしいとかはない。

ただただ、そこで共にいて

Jの話をしていたい。


彼女自身もここにきて

遺影の前にいると

気持ちが落ち着きリセットできるという。



Jがここでゆっくり

休めるように、

友人たちがJを語りあえるようにと

作っているJのためのお部屋。



ここにいるとまるでJがいてくれて

来る人たちに

『よーきたな!ゆっくりしていってな!』


といってくれてるのを

感じるとたくさんの方にいっていただける。



私もスタッフたちも

ここの場所が大好き。。。



みんなJのことが大好きだよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。