愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

心が

いつも自分のことのように

体調も含め私のことを気にかけてくださる

同志の素敵な女性がいます。



穏やかで落ち着いてて

いつも悲しみや辛さ、現実起こることにも

温かくアドバイスくださるので

ありがたい時間。



あと1ヶ月で1年。


一年という時の流れ、いないという現実を

まだまだ信じられないのが本音。



こんなに記憶のない1年もないほど

なにをしてきたのかも思い出せない。



でも周りの方たちの温かさが、

泣くだけしかできなかったところから

引っ張り上げてくれました。



そして同じ思いをしているひとがこんなにも

いるんだという現実も知ることになりました。




これからどうしていくのか

私の残された命、寿命をどう使うのか。。。



それは全て自分の気持ち、時間の使い方で

変わるものなんだと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。