愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

サプライズって。。。

Jは若い頃BARを経営してたときがある。



阪神大震災のときがそう。


夜中に頭が痛くなり普通はオーナーである

自分だけが帰ればいいものを

その日はなぜかスタッフ、

そしてお客様も帰したそう。。。



その朝方に大震災。



BARのあったビルは後日みたら3階だった

テナントは隙間がたった30センチほど

だったそう。。。


あのとき助けられたんだよねきっと。



再会してからお客様や友人が来るときは

わたしの料理とJがつくるお酒で

おもてなし。。。



Jのつくるお酒は

どこのBARより断然美味しくて

次の日も残らなかった。



夏や晴れの日は

屋上のベランダでみんなで

レゲエ聴きながら、そして

神戸の夜景をみながらJIN BARと

名付けてひとときをすごすのが

楽しかったし名物だった。



亡くなる前もさらにバージョンアップ

するために後輩と一緒に

作り上げたかったJIN BAR。



『これを作り上げたら

自分もfacebookに顔だして

アップしていくねん!

そやからまだ内緒や。』


と張り切っていた。でもその仕上がりを

みることなく逝ってしまった。




ひさびさにベランダに出ると

目の前のビルの高さがうちより

低いことがわかる。


うちを超えるともうあの綺麗な

景色はなくなるかもと生前二人で

神様にお願いしていた。



思わず号泣。


『Jこの綺麗な景色まだみれるよ。

でも一緒に喜ぶJがいない。。。』


でもね、兄貴の夢を叶えたい!って

25年の付き合いの後輩の二人が

来てくれ続きをしてくれました。



こんなに後輩が慕ってくれてるよ。



亡くなった後に更にどれだけ

大きい人かがわかる。



そんな人の奥さんでいれて

ほんとに幸せです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。