愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

救いの言葉。

10月11日

娘とわんこと朝の散歩。

Jと二人で歩いた道。


娘が

四葉のクローバーみつけてくれた。


こうやって何回も何回も

おじいちゃんおばあちゃんに

なるまで歩けると思っていた。


当たり前にずっと隣で

笑ってくれると思ってた。



なのに。。。


Jが大好きだったサンドイッチ

モーニングを娘と食べる。



ほんとにいないんだ。。。



残ってる携帯の写真や動画を

みてはこんなことしてたんだ、

こんな写真一人で遊んでいたんだ。



ってわらって、でももういないって

二人でため息ついて泣いて。




不動産から電話。


ここにすむのか解約なのか。


当然ですよね。。。


命がけでここを守ってきてくれた場所。


一生懸命作り上げてきたところ。

できる限り守っていきたい。


できるならここから天国に

行きたいくらい。


Jをずっと感じていたい。



朝晩、そしてお風呂では

突然死のブログや本を読んで

少しでも救いをもとめて見る日々。。。



そして泣いて泣いて泣き疲れて寝る。。。


私の心の中にヒーローがいると信じて。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。