愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

出逢わせてくれた。。。

勉強会で出逢って、

環境がほとんどにている素敵な同志と

ゆっくりおはなしできた。。。



私たち妻は、

葬儀では喪主でただ悲しみにくれてるわけには

いかない。


すべて決めていき、その上

それが終わってもいろんな手続きをし

かつ現実を受けとめ悲しみを封印して

日々仕事もし

生活していかないといけない。



様々なことを

一人で決めていかないといけない。



その気持ちをわかってくださり

いろんな励ましをいただけたことが

嬉しくて嬉しくて。。。



ふと一人になった時のさみしさや

むなしさはたえられないほどつらい。



でもこうやって出逢えたということは

互いの旦那様が私たちを

引き合わせてくれたということらしい。



今までスピリチュアルなことは

信じてなかったわけではない。


でも勉強すればするほど

世界でも国も認めていたり

実際身に起こる出来事や現象に

いい加減信じたら?と

言われてるのかもしれない。




目に見えるものだけが

全てではない。



物だけがすべてではない。



思い出こそ、

思い出すことこそ

その人を偲んで語り継ぐことこそ。。。




ありがたいご縁にただただ

うれしい時間でした。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。