愛する人また逢える日まで

明日があるとおもってた。突然くも膜下で亡くなった主人、また一緒になれたら。。そんな同じ思いを持つ人の明日へと繋がりますように。

さよならはまだいってない

Jが亡くなった時、

このサイトを見つけました。


すごく救われました。


http://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/hami100.htm#66



久しぶりに見たら新しいエッセイが。


「さよならをいえなかった君に」


突然の出来事が大切な人の命を奪ってしまった。

さようならの言葉も言えなかった・・・。


※     ※     ※


あの世があるのなら、その人はあなたのことを想っています。

あなたがその人のことを想っているように、その人もあなたのことを想っています。


さようならを言っていないのだから、あなたに心を残しているはずです。

さようならを言っていないのだから、また逢えるはずです。


---その人は先に、目的地に行かなければいけなかったようです。

時間が掛かっても、いまにあなたも、必ず同じところにいけますから、

どうか焦らずに、

いまは涙をたくさん流して、心の傷を癒してください。


永遠の旅路の中では、先に行ったり、行かれたりすることもあるのでしょう。

宿命の絆をもっている二人なら、きっとまた一緒になれます。

同じ痛みの心の傷、同じ悲しみの涙が、互いを引き寄せる

再会への目印となることでしょう。


別れている時間は、全体の時間に比べたら、

きっと、ほんの少しの間です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。